整備士の写真ブログです。


by sintaka84

いすゞ117クーペ

f0068368_22282665.jpg
 今日は1月17日で117クーペの日です(勝手に私が決めました)そこで今日は117クーペのカタログの紹介をしましよう。
 最初にこの117クーペのカタログは末期モデル「スターシリーズ」と呼ばれる物です、117クーペは1600ccから始まり1800ccになりそしてこの「スターシリーズ」になりました、なぜ2000ccと呼ばないでスターシリーズになったのかというとこのエンジン形式はG200と2000ccを思わせる物ですが正式な排気量が1949ccなんですよ、この中途半端な排気量では2000とは呼べないとメーカーのこだわりがあり2000とは呼ばずに「スターシリーズ」と呼ぶ事になりました。
f0068368_22291961.jpg
f0068368_22292931.jpg
 スキャナが半分しか入らないので中途半端な写真ですがインパネとリアシートです、私は木のハンドルはあまり好きではないのですがこの117のハンドルは好きでしたねぇ、手触りが良かったです、そしてリアシート、いすゞのクーペはクーペでありながら後席もゆっくり座れる事が特徴です、ピアッツァもそうですが117のリアシーはヘッドクリアランスも十分あり快適に座れます、いすゞの車作りのこだわりが一番出ている所ではないでしょうか。

f0068368_2230538.jpg

117のカタログで一番印象に残るのがこの絵です、この絵は1800のカタログでも同じ物を使っていましたねぇ、確かスターシリーズの後期のカタログでも使っています、メーカーもこの絵は気に入っていたんでしょうね(笑)
f0068368_22304196.jpg
 そして優雅な117に似合わない派手な117、このグレードはXC-Jと言って角目になった117から出ました、どちらかというと年配の方が好みだった117の若返り作戦で出たモデルですが賛否両論でしたね、私は好きでしたが。

 私117クーペは数回しか乗った事がありません、丸目のタイプは乗った事はありません、乗った印象は外観は優雅という感じですが乗り味はスポーティです、私今まで乗った車でベストポジションはこの117クーペです、低いシートにセンターコンソールが高くシフトノブがショートでシフトはカチッと決まる!日本車には無いフィーリングがありますね、この味はいすゞしか出せません。
 長くなりましたが私はこの117クーペに接する時間は少なかったんですが物凄く印象に残る車でした、こういう車は二度と出ないでしょうね。
[PR]
by sintaka84 | 2008-01-17 22:31 |