整備士の写真ブログです。


by sintaka84

カテゴリ:バス( 88 )

昨日は仕事納めでした。

昨日は仕事納めでした、しかし難題な修理が残っていて掃除も出来なかった仕事納めでした、ギリギリまでその修理をやっていたので自分の仕事が出来ず結局最後まで残業でした。

 今年は難題な修理が多かった....事務所から指摘が合ったのですが4~6月で残業時間が4人で去年の同じ時期より100時間多かった、民間から比べれば少ない残業時間ですが今年は本当に忙しい1年でした。

 仕事納めといっても残務整理でもう一度くらい仕事に出なくてはいけなそうですし昨日の夜も職場からの電話で対応...どうも休みになっても落ち着かないようです。
 来年は異動も考えられるので更に忙しくなる可能性もあります、仕事は慣れていくしかないのですが一つ心配事が、それは愛犬の散歩なんです、今までは子供達が行っていたのですが来年からは息子二人が大学で家から出ます、長女もバイトやなんかで家にいる時間が少なく私が行くしか無いのですが、仕事終わってからの散歩は辛い...去年くらいまでは「自分の健康のためにも良いのかな」と思っていたのですがここまで忙しくなるとは予想外、ちょっと不安です。
 しかし愛犬は本当可哀そうで猫が多くいるため我慢しているみたいなんです、これ以上我慢させるのは本当に可哀想なので頑張っていかねばと思っているんですけどね。
f0068368_1113786.jpg

 昨日から偏頭痛が酷く身体のあちこちにガタが来始めてますが来年も頑張るしか無いです、出来れば来年は「余裕」が欲しいですね。
[PR]
by sintaka84 | 2011-12-29 11:14 | バス

暑くなりました。

 九州ではずっと雨でしたが雨がやんだと思ったら猛暑...こうなると冷房修理が出始めますねぇ、今日は久しぶりにちょっとバス修理の話をしましょう。

 バス修理の近況として私の仕事上の立場が変わってメーカーや外注業者のクレーム処理に追われています、1日10本近く(それ以上の事も....)メーカなどの電話対応です、今回モタのタイヤはすんなりクレームが通りましたが最近はクレームが通らない事が多いんです、あるメーカーはバスボディを製造しているボディメーカーはクレームが通るのにその末端のディラーでは通らないとかあり得ない事があったり、車齢延長でボディ関係を再塗装したりフレームの腐食の修理をして貰うのですが依頼の修理が全く出来ていないで再入庫させたりと本当に「なんでこう言う事が出来ないの?」と強く言いたいです、私がディラーにいた時はこんな対応はしていなかったんですけどね時代ですか...

 修理として最近は雨が続いたので雨漏れの修理が多かったり(今年は本当に多い)滅多に切れない所の配線が切れで配線を引き直すという事も多かったです、電気配線の断線は見つけるのに時間がかかります、特にきちんとした配線図があれば配線の色で場所が特定できるのですが古い車は配線図が無いし苦労します。
 極めつけが今日作業したのですがお客様シートの座面修理、客席シートはシートの座面の下に路面の突き上げ等を緩和する為にスプリングがあります、最近のシートはスプリングの代わりに厚いビニールを強力に張って座り心地を良くします、そのビニールを修理する為に取り外し取り付けをしたのですが強力に張っている為に取り外し取り付けに相当な力が必要なんですよしかもこの猛暑、汗ダラダラでやりました。
 これを一台分やっちゃうと.......現在腕はパンパン、肩は痛くて...今日はあまり寝られそうもありません、明日が休みで良かった...
[PR]
by sintaka84 | 2011-06-24 23:01 | バス

環境か燃費か...

 私の営業所にも今年度久しぶりに新車が入りました、やっぱり新車は良いですね.....と書きたいのですが久々の新車は問題山積みです。

 一番の問題は排ガス再処理の問題、最近のバスには排ガスを出さない為にDPF、尿素システム等の装置が付いています、詳しい仕組みを書くととんでもなく長くなるので書きませんが最近の車には殆ど付いていると思ってください。

 このシステム環境には凄くいいのですがDPFの場合粒子状物質が一定に溜まると燃焼させるようになっています、この間エンジンが切れないので当然アイドリングストップが作動しません、しかも運行終了時に燃え始めると20分はエンジンは切ってはいけないとメーカーからの指導も入っています、おまけにこれは詳しく調べていないのですが完全燃焼を促進するためかエンジンオイルに燃料を混ぜる構造になっているそうで走行しているとエンジンオイル量が増えてくるのだそうです、このおかげでオイル交換時期は早くなるしオイル自体の粘度も不安になります、頻繁には燃えませんがせっかくのアイドリングストップも意味がなくなるし、運行終了後のアフターアイドルも考えものしかも停止時に燃える場合バッテリーあがりを防止する為にエンジン回転もアイドリングの倍位上がるという始末...環境の為とはいえここまでしなくてはいけないのかと思いますね。
 ただこのアフターアイドルに関してはメーカーに聞いたところごく最近の車はしなくても次回運行時でOKと聞いたからちょっと安心しました。

 バス自体も底床になり走る所にに神経を使うそうでせっかくの新車もあまり喜ばれないんですよね、昔は新車と言う事で無条件に喜んでいましたがねぇ。
[PR]
by sintaka84 | 2011-04-24 22:22 | バス

年度末が終わった....

 やっと新年度を逢える事ができました...ホント怒涛の年度末でした....

 なんたって何もかもがギリギリすぎて....まずは新車が久しぶりに入ったのですが本来なら2月に納車されて色々の不具合を確認して正式運行(新車にも不具合は多いのです)するという形なのですが今回の新車の納車日が3月30日...おまけに震災の影響で最終確認が完全に出来ず納車直前に不具合を見つけ改修作業という事、不具合も単にディラーの責任だけではなく仕様書に無い改造をする分もあって連絡の取り合いで疲れました。
 
 そして新ダイヤの為の準備、方向幕の変更をしなくてはいけないのですが変更を告げられたのが3月28日....数こそ少なかったから良かったのですが車両を運行させながらの変更は難しく(作業時間が短くなるため)車両を捕まえるのがすごく大変でした。

 それに加えて「棚卸し」私の営業所にも在庫部品がありまして年に二回棚卸しがあります、この棚卸しもギリギリにならないと出来ないので重なった部分辛かったですね、特に今回は去年の担当が難しくしていたものだから今回簡単にしようと色々準備していました、これを完了すれば来年度からは誰でも出来ると思ったんですよね、それ故今回は殆どを私一人で普段の仕事終わってからやりました。

 おまけに以前持っていた偏頭痛が復活して辛かったです....考えすぎが原因と思うのですが毎日頭痛くて二、三度仕事中意識が飛びそうになったこともありました。
 
 昨日の昼で作業は殆ど終わり今日は落ち着いています、まだ方向幕の作業がありそうですが残り数台という感じなのでホントほっとしていますね、先月は休みはちょっと動いて後は寝るという感じだったので今月は色々バイクで動きたいと思います。
[PR]
by sintaka84 | 2011-04-01 22:18 | バス

冬支度

 私の住んでいる九州でも昨日くらいから更に冷え込むようになりました、明日の予報は山沿いで雪です。
 寒くなったということで昨日くらいから急にヒーターの修理が来始めましたね昨日から続けて2台のヒータコアを交換しました、これからも恐らく増えていくでしょう。

 急に寒くなったので心配なのがスタッドレスタイヤです大体毎年11月末から12月頭に交換しているのですが急に寒くなって高い山に行く貸切車などはもうスタッドレスタイヤが必要になってきてしまいます、今年は早めに交換を始めたので高い山や本州に行く車のタイヤは交換していたのでとりあえずは安心なのですが約後1/3くらい交換予定の車が残っているので早めに交換しようと考えています。
 私の営業所で交換予定のスタッドレスタイヤは約80本ですこの作業を結構短期間でやるのでこの時期腰をやったりするんですよ。

 このように寒くなり始めと言うのは急に作業が増えて辛い時期ですね体調管理に注意して仕事しています。
[PR]
by sintaka84 | 2010-12-08 22:36 | バス

大型が楽だわ。

 これは私が作業した修理ではないのですが昨日日野リエッセの水漏れがすると言う修理が来ました。
 水は減っているけど場所が特定出来ない...しばらく二人で見てたらエアコンプレッサーの冷却用パイプに針のような穴が開いて細ーく水が出てました、日野はこの手のパイプの腐食多いんですよねぇ、場所が特定出来たので担当運転手に「3.4時間で終わるでしょう」と言って私は他の作業をしていました。

 しばらくしてその車を見に行くとえらい部品が外してある...「これは噴射ポンプを外さないと外れないね」とその車を作業していた後輩...なんとパイプ1本外すのに噴射ポンプを外さなくてはいけないとは....初めての経験ですね~このパイプはエンジン後ろにあるエアコンプレッサーからエンジン前にあるW/Pまでのパイプなのですがちょうど噴射ポンプの後ろを通っていてしかもパイプ自体が複雑な曲がり...どう見ても噴射ポンプを外さないとそのパイプは抜けないんです、いや参った。

 結局噴射ポンプは取り付けを外して角度をつけた状態でパイプは外れました、簡単な場所だったら溶接で済ませようと思ったのですが穴があいている時点でパイプの肉厚も薄くなっているだろうし溶接してまた噴射ポンプを外すのも面倒だから新品のパイプを取る事にしました、いやぁ大型の修理が楽ですねぇ。
[PR]
by sintaka84 | 2010-08-31 22:53 | バス

f0068368_220516.jpg
 毎回書いていますが暑いです...上の写真は今日ある修理をしていた時の会社の温度計です....見ただけで汗が....



 とはいえ普段はさすがにこんなに温度は上がりません、毎日これだったら倒れてますね、これは冷房の修理をしていた時なのですが冷房用サブエンジンをかけ、メーンのエンジンをかけて作業していたんですね、私の工場は狭いし(大型が3台ギリギリ入る程度)温度計はメーンエンジンのそばにあると言う事でこの温度になりました。
 しかしそれでも相当工場の中は暑いですこの温度計控え室の出入り口付近にあるんですけど控え室から出たとたん熱風が...
 そして今日も前回の日記同様天上に昇ったのですが天井の上はこの温度計付近と同じくらい暑かったですね恐らく40度は遥かに超えているでしょう、これでエンジンルームに入れば...なんて考えたくもありませんね。

 工場の平均温度は大体35度前後です、これは例年変わりません今年も温度計を見ているとそう変わらないのですが今年は何か一番暑いです、バス自体も去年は同じ条件で冷房効いていたのに...と言う車も少なくありません。

 後は早く涼しくなってくれる事を願うだけです。
[PR]
by sintaka84 | 2010-08-06 22:00 | バス

あぶない...

  暑い...本当に暑いです、今年の暑さは尋常じゃないです毎日冷房の修理ばかりです。

 そんな中今日冷房の修理をした車なんですが最近のバスはワンステップやノンステップになり床が低くなっていますその為冷房のコンデンサーもバスの側面から天井に移されているんですね、当然コンデンサーの修理になれば天井に上がるのですが走ってきたばかりの上この暑さ...もの凄く天井は暑い...

 そして天井の作業している時になんとなく頭がふらっと.....危ないです、頭がぼーっとしていました、しばらくそのままじっとして落ち着いてから天井からおりて水分補給して落ち着きました、いや熱中症になりかけてたんですかね~危ない危ない。

 バスの修理でディラーと違うのは発車時間がある事、その時間に間に合わせないといけないんですよね、もちろん修理が出来ない場合は止めて他のバスで走ってもらいますが出来るだけ乗り換えないように作業をします、そこで暑くても無理して作業するんですよ、この暑いのに走ってきたばかりのエンジンの修理をしなくてはいけない場合なんか最悪ですよね。
 しかし地面に足をつけている時の作業はまだいいですが天井は危ない..これからこういう事も増えてくるから注意しなくてはいけませんね
[PR]
by sintaka84 | 2010-08-05 20:44 | バス
 体調不良の原因はどうも過呼吸のようで土曜日は本当に死ぬかと思いました、なんせ体中しびれて動けませんでしたから、喘息持ちの過呼吸はキツい..慣れるしか無いんでしょうけどねぇ。

 話は変わりまして職種が多少変わり今いる工場の大掃除をしています、前任者、その又前任者が物を捨てきれない人達だったので大量の部品が部品庫の中にありました、本来なら在庫は置かない方が良いのでしょうが在庫が無いとバスは動かないし...在庫部品の管理の難しさがありますね、まぁ全くいない車の部品もあったので本社に返す事にしました、しかし一部部品を取った物とか中古品が山ほど出て来てかなり処分しました、中古品と言うのは修理で部品を交換したが原因は違う部品だったとか、一度症状が出てとりあえず原因と思われる部品を交換した後とかです、それらの部品は恐らく悪くはないだろうから緊急事態応用として保管しています、徹底的に調べて交換しないようにすれば良いのですがそこまで調べる時間もないし他の修理もあります、症状も出ないのに時間ばかりかけるのは相当の無駄なんです、だから一番の原因と思われる部品をとりあえず交換するんです、もちろん交換後原因が他の物と分かれば元に戻します。

 しかし相当昔の部品もあったんですよ、私さえ見た事が無い部品もありました恐らく10~20年前くらいの部品も...これはバス好きに売れば喜んで買うだろうなぁ...なんて部品も多かったです(絶対売れませんけどね)
f0068368_21254040.jpg

 その中でも懐かしかった部品を一つ、これも15~20年前のバスじゃないかなぁ...コンビネーションスイッチ、ちょっと記憶が定かでは無いですがふそうか日野車で、私が今の会社に入ったばかりの時数台このスイッチがいたような気がします。
 ワイパーとライトスイッチが一緒になっているのは珍しくて覚えているんですよね、しかも左にライトスイッチがあるなんて面倒だったのを覚えています、今考えると右には何があったのかが思い出せません、もしかしてガイドコーダの起動スイッチがあったのかもしれません。

 このスイッチを見てどの車かわかる方ぜひご教授をお願いします~
[PR]
by sintaka84 | 2010-07-05 21:26 | バス

ラジエター脱着

 たまにはバスの話も書きましょう(笑)
f0068368_2256668.jpg

  昨日今日と日野小型バスリエッセのラジエター脱着をしました、リエッセのラジエターを脱着するのが初めてだったんですが戸惑いましたねぇ。

 小さいから軽くて大型より楽だろう...と言うのがイメージですがそこそこ小さいのは確かに楽ですが本当に小さいバスは大変、なんたって少ないしペースにびっしり詰まっているからなんです、私達も最初見た時はしばらく考えました。
 バスによってはラジエターはそのまま後ろに降ろしたりバスを多少上げて下に降ろしたりと言うパターンが殆どですがどう考えてもどちらも無理っぽい....考えたあげく「リアバンパーとリアパネルを外そう!」という結論に、そしてリアバンパーパネルを外して作業開始。

 無事ラジエターは外れたのですがこのリエッセがインタークーラー付きターボでインタークーラーとラジエターを一緒にして外さなきゃいけないもんだから重い事...それに周りの部品も相当取り外してやっとのこさ外れたんです「こりゃぁ大型が楽だわ」と思った作業でした。
[PR]
by sintaka84 | 2010-06-15 22:56 | バス